++黄昏メルトダウン++


飛行機雲伸びて青に消えた





*MENU*


<< 缶コーラ わざと振って 何事もないように差し出す 子供みたいな あなただから | main | たった一度きりの 今日という魔法 止まらないように 誇れるように作り出そう >>


2015_0131 Sat + スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


***




- // - // -


2011_0226 Sat + 悲しい涙のない人生はない 微笑みのない人生もまたない

TLで流れてきたEMI MARIAの【A.S.A.P.〜今すぐに駆けつけて】PVを観たら、何故かチャンソンが出演したJOOの【Bad Guy】MVを思い出したpingです、どうも。前者は小道具としての利用としても、「いちいちついったで報告すんな!」と思ってしまうのはわたしだけでしょうか。そういう実況はただのかまってちゃんで自分の行動に酔っているのかと思ってしまうのですが、きっとそう思う人は少数派ですよね…。
はっ、これは最新版『電車男』なのか。7年後はついったが舞台に……!


先日、今年初めての遠征をしました。先月はしていません。そう言うと「北海道と沖縄に行ってないって意味じゃないよね?(笑)」と言われ、飛行機も新幹線も夜行バスも使ってない話をすると「鈍行乗り継いでるの?(笑)」など言われました……き み た ち 。この時期、去年ならば既に7/7はFBYを観ていたのに、今の段階で片手で足りる分だけに少ないなと我ながら思います。

AWARDを書いていて(忘れていないよ!)、去年一番観たバンドは何だろうと数えてみたら、2009年と同じくFBYだったものの、前年より減っていた数にその様子が顕著に表れている気がしました。FBYで一昨年譲ったり行けなかったチケが12枚なので、2009年は46/50→34/50、去年は4枚しかなかったから、2010年は36/47→32/47。FBYのライブ本数自体も減っていますね。……あれ、割合的にはどっちがどっちなの?(混乱)

今年はアルバムが出てツアーがあると期待しているので、いろいろな地域でライブをやってくれたら嬉しいです。東北地方での開催を切実に希望します。自分が行けるとか行けないとかではなくて、なかなか行けない人に観て欲しいのです。フェスも勿論嬉しいけれど、小箱で観られる方が嬉しい。特に青森、秋田、岩手! 自分達が行くより、呼ばれないとなかなか難しいとはおっしゃっていたけれど、なかなか東北に行けないバンドを一緒に誘って、行って欲しいものです。


まあそれはともかく、音楽に対する距離も感覚も、ここ3年ぐらいでいろいろ変わっていることもありますが、「ライブ」自体に行きたいという気持ちがまるで起きません。自分の好きな音を鳴らすバンドが次々といなくなるからといって、新しい音を摂取しようとする気にもなりませんし、意欲自体も薄いです。「誰々の音楽を生で聴きたい、観たい」という気持ちは多少はあるのですが、全般的な感覚が薄いというか。楽しみにしている音源やライブもあるとはいえ、遠征の予定を立てている荒井(仮)改め深沼(仮)嬢の行動を羨ましく眺めもしたり。早い5月病とは違い、定期的に起こる流れがまたぐるっと回ってやってきただけですが、「ライブ行ってないなんて、pingちゃんだいじょうぶ?」と言われたときには苦笑するしかなかったです。

元々「NO MUSIC NO LIFE」と声高には叫べない方だし、「ライブジャンキー」という言葉にも恥ずかしさを覚える身なので、自分が「音楽がとても好きな人」にカテゴライズされるのに違和感を覚える方なのですが、やっぱり、よく知らない人には、「ライブ大好き! ライブ行ってないとしんじゃう!」風な人に思われているんですかね……。普通の人のレベルが10ならば、1000みたいな。って全然違いますよ! CDだってそれほど買いませんし、第一iPodなどは持ってはいますが、家に置きっぱなしですもん。普段全く音楽を持ち歩くことをしませんし……むしろうちのおかんの方が持ち歩いています(笑)。4桁の話が一人歩きしているのか、パブリックイメージがついているのか、最近初めてお会いした人達に言われる度に訂正しとります。

先日友達のお見舞いに行った際に、そこに居た見知らぬ人に「噂はかねがね」と言われ、ど、どういう噂なんだとびびってしまったので、最近そういうカテゴライズとかパブリックイメージについて考えることが多いです。その際別の人に「最近ライブより映画の方に切り替えてるの?」とも言われたのですが、元々映画は普通に好きだし、切り替えているつもりも全くないです。しかも去年は一昨年の69本より減ってしまいましたし、数的にそれほど観ているつもりもないです。

それで思ったのが、ついったで話題に出すからなのかなあと。140字で見えている部分でのみ捉えられているのかなと。ていうか表立ってフォローされてないのにチェックしとるのかい!


人と人は結局は生身の対峙だと思うのですが、ついったをはじめとしたWWWの世界で見えるものが全てだと思っている人は多いのでしょうか。ついったを見ていても思うのですが、実際の生身の人と、イコールでない人は結構いますよね。フォロワー多いですが、社交的ではない自分がまさにそうです(笑)。「友達多いでしょ」と言われる度に、「この人わたしのことちゃんと見てねえな」と思うことしばしです。TL上では物凄くおしゃべりだったり、華やかな印象を受けるのだけど、実際はついったでの自分を無意識に作っているような人もいますし、勿論噂にたがわずイコールの人もいます。逆についったではあまり話さない人もいるし、様々だと思うのですが、ついったは顔が見えない分、実際に会うまでを作りあげることが出来るじゃないですか。中身が見え隠れはするけれど、完全に見えるわけじゃない。

話の着地点がどこだかわからなくなってきていますが、文字だけのやりとりだけではなく、会って話さなくちゃわからないことはある、ということです。WWWでわかる分はほんの少しです。そしてそこで「わかったつもり」になるのは怖い。心配なんですよ、そこのあなたが。異性に免疫無いと思うから皆余計に心配してまっせ…。


西の方から「ついったって知らない人同士で楽しいの?」と訊かれましたが、わたしは自分と意見の異なる人も結構フォローしているので、いろいろな意見が知れて楽しいです。でも普通は、友達とか趣味が同じ人しかフォローしないもの、同じ趣味のクラスタとしか会話しないものなのかな? わたしの場合はですが、自分の好きなものや好ましい意見ばかり流れるって怖いものだと思うので、住まいも趣味も環境も違う人達のつぶやきも楽しませてもらっています。自分の意見と同じような人達だけTLに載せることも出来るけれど、それだとあまりにも凝り固まってしまいそうで、いかんなーと。知人やお友達も誰がやっているかとか良く知らないし、フォロー通知は切ってるし、リプライ来てもその人のプロフ欄までクライアント的に飛ばないしで、きっと他の人と全然違う使い方をしているかもしれません。なので、お友達と知らないで会話していたなんてこともあります。その節は失礼しました……。(汗)

仕様でたまに自然にフォローが外れることがあるので、携帯に届くリム通知はたまに見ているのですが、「こんな人がフォローしてくれていたんだ」と驚くことがあります。フォロー/フォロワーが4桁という、たんに数増やしのような人は、TLちゃんと見ることが出来ているのか疑問ですが、どうなのですかね。今は、グループ分けするクライアントで見るのが精一杯の数なのですが、そのクライアントもログインのタイミングでリプライをきちんと取得出来ないので、定期的に数を見直しています。単語に反応して自動フォローする人もいるでしょうが、どういう目的で興味を持ってやってきたのか全くわからない人もいるので面白いです。わたしライブのこと殆ど書かないようにしているし、コミュニケーション目的でやっていないので、知っている人以外にフォローされるのは、いまだに不思議です。


感銘を受けることも、何だかなあと思うことも、様々ありますけど、所詮は140字の世界。そこを見極めて使わないとだめなツールだと思っています。友達や知り合いからフォロー返しがなかったり、リムられたことを嘆く人もいますが、みくしじゃないんだから、と思います。それにもしかしたら、わたしのように気がついていないだけかもしれませんし(汗)。まあでもそうはわかっていても凹みますよね。

今まではそうは思って居なかったのに、ついったのおかげで段々印象が悪くなる人もいますし(言わなくていいことを言う人が多すぎる! 笑)、逆に知って興味を持って、会いたいなあと思い始めた人もいます。特にミュージシャンは印象が下がる人が結構います……ね。逆に音楽に興味はないけれど、人として興味があがったり、ぐっと高感度が上がった人もいて、面白いです。

お友達が辞めちゃったときに、すぐ次のアカウントを発見したので、「これフォローしちゃまずいのかな…」と思いながら数ヶ月経ったら、いつの間にかフォローされていたなんてこともありました。わたしついったは即時メルマガと捉えているので、自分から知人を探さないことにしているのだけど、フォローしていないのが判る人からリプライ飛んで来るのはびっくりですもん。鍵付きリストに入れられているのかな? と思うし。

あと、知人や友達がCDとかすぐ「焼いて」とか、youtubeに新しい映像があがったら「iPodに落とさなくちゃ」とか書いてしまうのを見ると、結構萎えるし、何ともいえない気持ちになります。みくし感覚なのかなあ。友達同士やフォローされている人にしか、やりとりの会話が見えないのだと思っているとしたら危ないけれど、それでなくても、そういう部分(焼くとかダウンロードの落とす行為そのものではなく、そういうことをネットで平気に口に出せるところ)が見えてしまうのはせつないです。せめてメールにしなよ、とはらはらします。「ついったはその人の本質が、思いもかけないところで露呈されるよね」という、友達の言葉をしみじみかみしめます。

最近だと、辞めたことで心配している沢山の人がいるのに、元々のところでそ知らぬ顔をして続けている状況の人にちょっともやもやします。辞める経緯も、今の居心地いい状態もわかるけれど、それは心配してくれている人達の好意をないがしろにしていることだとも思うので、見ている分ちょいと複雑です。

そんなネガなことばかり書いてしまいましたが、ついった楽しいです。始めてから来月で4年目になりますが、これからものんびりやっていきます。

でもついったやっていたら、ブログ(この言葉は好きではないので、「日記」ですが)を書いて残すことの楽しさを思い出したから、こうしてここを書いているわけです。ただ、間が空きすぎて自分がどう書いていたのかさっぱりなので、書いていてとてもぎこちないです(笑)。なので慣れるまでしばし御待ちください。(汗) 大体「白シャツのテソンめっちゃエロいなーーー!」とかいうテンションでメルトダウンは書けねえっス……え、そういうの読みたい、の?
そういえば「目薬が上がったと思ったら反映されてない」と指摘されたのですが、ごごごごごめん。以前来馬(仮)さんが言ってた「興味を持って調べて見つけるならともかく、知らない人に勝手に教えるのは困る」を今更ながらに実感している今日この頃であります。そのときはしょうがないなあと思ったけど……しばらく何も上げないっス。別にミュージシャン本人に見られていても困らないし(メルフォ貰ったり、MCで言われると吃驚するけど)、これからも普通に寝癖って書くけども、WWW上ではなく元々ライブ会場で知り合った人にはなあ……本意ではないです。35度が上がってないのは、たんに上げてないだけです。やばいことにほとぼりさめてから上げようとしていた、一昨年のツアーの画像がまだあるんだぜ……何とかしなくては。そのうちに深夜に更新するので、更新メールを携帯に登録している人は解除するのが吉です。


私事としては、長年愛用していたカフェオレマグが割れました。カフェオレサイズはボウルタイプが多いのだけど、それは持ち手がついているばかりか、少し四角い形で量的にも具沢山のスープを入れるのにちょうどいいサイズで、何にでも使用していたぐらい、使い勝手のいいものでした。静岡にheさまやRdmを観にいったときに、地元のお友達に案内して貰った雑貨屋さんで散々迷って1つ購入したものなのだけど、あまりにも使い勝手が良いので、次の機会にもうひとつ購入しようと思っていました。次に行った際は、製作された作家さんは今活動をお休みされているとのことで、お店にマグが無く、その時以上に大事に使っていたのですが……使いすぎて摩滅したのか、洗い物をしていた際にちょっと手が滑ったら割れてしまったのです。白と言うよりは少し灰色がかってて、失敗なのかと思える気泡がいい味を出していた素敵なカフェオレマグでした。

そして度重なるときは重なるもので、愛用していた一人用の土鍋の蓋がぱっくり割れてしまいました。少し深めなところも、厚めのフォルムも色合いも気にいっていて、秋冬時期の一人用鍋だけでなく、雑炊やらすいとんやら煮込みうどんやら、年中使っていました。金次しようとも思ったのですが、元々実家で長年使っていて、一人暮らしをする際に譲り受けたので、きっとこれが寿命だったのだと思うことにします。土鍋自体を買い換えようと探してみましたが、浅めのものばかりでなかなか深いものがなく、土鍋ジプシーは続いています。みんなあんな浅いので大丈夫なの? おれが食いしん坊なだけ? なので、蓋を換えて土鍋だけでも使い続けたいと思っているのですが、なかなか蓋だけってないものですね(泣)。当たり前か。

というわけで、一人用の土鍋(又は蓋)、シンプルな取って付き大きめのカフェオレマグを探しています。何か良いものがあれば、こちらまで。ぜひ教えてくださーい。(と、下を指し……メルフォ頂けると嬉しいです)


そんなこんなで、物も人もいつかは壊れる、生きてることが一番大事だよなあ、と思って過ごしております。ここで音楽以外のことも綴るって切り替えがめんどくさいので、そのうちまたぱたっと止むやもですが、そのときは何かに絶えてるときなんでよしなに。それと最近たんぶらが酷いけれど、そこは目をつぶって!(笑)


今日は久しぶりのお友達らに会って、気分転換が出来ました。楽しかった!
ここは見てないと思うけれど、ありがとう。
うどんはさんたまで!

お見送り&お出迎えに行ったGlad入り口でも、結構いろいろな人に会ったのだけど、肝心のその人達のライブは見ないで帰るというね(笑)。そして帰り際にTSUTAYAのビジョンの前で待ち構えていたら、びすとのオンエアは中止になったという……。

そういえば、ふくい先生に「あけまして、おめでとうございます、今年もよろしくお願いします!」の挨拶が出て、「うわ、今年まだ観てないのか」と自分で自分に驚いたっけ。残念ながら、りくさんとすーさんには会えなかった。すーさんには「一周年おめでとう」を伝えたかったです。今のところ予定が全く無いのだけど、近いうちに会えるといいな。その頃には当時の速さの【PADDBRE】が観られるといいな。


はっ、表参道PASS THE BATONフライターグ展、6日までだった。大島慶一郎さんのポスターが販売されるとのことだけど、以前神戸のBEAMSで見たポスターのと同じかしら。ちょっと難しそうだけど、最終日までに行けるといいな。


さて、今日の日付がそろそろ変わる頃。明日ぐらいに待望のミニアルバムが届くはず。上に書いた「楽しみにしている音源やライブもあるとはいえ」の一つです。早く手にしたくて、一番お届けが早そうなところ、しかも航空便にしたので、わくわくが止まりません。ここまで指折り数えて待ち望んだ音源は、本当に久しぶり。楽しみだー!



♪PADDBRE [訳詞]/ala


***




DIARY // - // -


2015_0131 Sat + スポンサーサイト


***




- // - // -




Powered by paperboy&co & JUGEM

Designed by Coo

Material by Fluffy!

Arranged by ping

LOG IN
クリックで救える命がある。」クリックするあなたに代わって、参加企業が1クリック当たり1円を「熱帯雨林基金」や「難病のこども支援」などを行うNPO団体に寄付をしてくれるサイトです。