++黄昏メルトダウン++


飛行機雲伸びて青に消えた





*MENU*


<< ◆昼間の恵比寿 | main | ◆沈痛慷慨 >>


2015_0131 Sat + スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


***




- // - // -


2012_0620 Wed + ◆感謝

この日記は、3代目だらログこと「つぶやき+メモ+私信≠だらログ」に記載していたものです。


***


ここ2年ぐらい「生きてるだけでまるもうけ」みたいな感覚なので、前日は何人かの友達へおめでとうの言葉を贈っていても、自分については特別な感覚はなかった。一週前ぐらいから、会う人にケーキを貰ったりしていたけれど、それはプレゼントよりこういう方が好きだと知ってくれている気持ちが有難かった(プレゼントよりサプライズ派)。日付が変わるときも外を歩いていて、ふいにおめでとうを言われて「あ、そうか誕生日か」と、頭の隅にあったものにようやく気が付いた感じ。

でも、日付変わって「おめでとう」というメールを貰って、「わ」と思って、2通目3通目でどんどん嬉しくなってくるあの感覚。友達少ないから余計にね。(笑)

大人になって年を重ねると、出来ることのハードルが高くなってくるのと同時に、出来て当たり前なことも増えてきて。そうやって身の回りだけでいっぱいなことが増えてくると、些細なことにも気を配れなくなってきたりする。昔は出来たのに、何故か何気なく素通りしてしまうことも増えてくる。そういう積み重ねが、人の印象を変えていく。しょうがないことだけど、指の隙間から落としたものって、拾い集めていくことは本当に大変。(今回誕生日のこととは全く関係ないけれど、友達同士のやりとりを見てそう思った)

どんな時でも、「おめでとう」という言葉は言い続けていきたいなと思った。そして些細なことにも「ありがとう」を。やって当たり前、やられて当たり前、じゃない。気持ちも行動も、いつまでも昔のままが続くとは限らない。細美さんの言葉じゃないけれどね、ほんとそう思う。


頂いたメールやDMに全部レスし終えて、カードにも返信して一息ついたので改めて。頂いた言葉たちを胸に、より良き日々を過ごしたいと思います。どうもありがとう。



DARALOG(alfoo版) // - // -


2015_0131 Sat + スポンサーサイト


***




- // - // -




Powered by paperboy&co & JUGEM

Designed by Coo

Material by Fluffy!

Arranged by ping

LOG IN
クリックで救える命がある。」クリックするあなたに代わって、参加企業が1クリック当たり1円を「熱帯雨林基金」や「難病のこども支援」などを行うNPO団体に寄付をしてくれるサイトです。